サンワハッチ

性能試験表



会社名 三和式ベンチレーター株式会社
所在地 愛知県稲沢市高重中町53番地


一般名称 天窓
商品名 HPQ-900GP HRQ-1300G
仕様
試験体寸法
W1150mm×D1150mm×H757.5mm
枠内法寸法
w820mm×d820mm
ガラス
網入り型板ガラス(厚6.8mm)
ガラス押え1
SUS304(厚2.0mm)
ガラス押え2
SUS304(厚2.0mm)
ドアフレーム
SUS304(厚2.0mm)
ボディ
SUS304(厚2.0mm)
ベース
SUS304(厚2.0mm)
Xアーム
F.B‐12mm×38mm
気密材
EPDM
バッグアップ材
ポリ塩化ビニール
シーリング
シリコン系
試験体寸法
1550mm×D1550mm×H413.5mm
枠内法寸法
w1212mm×d1212mm
ガラス
網入り型板ガラス(厚6.8mm)
ガラスカバー
SUS304(厚2.0mm)
ドアフレーム
SUS304(厚2.0mm)
ボディ
SUS304(厚2.0mm)
ベース
SUS304(厚2.0mm)
気密材
EPDM
バッグアップ材
ポリ塩化ビニール
シーリング
シリコン系
試験方法 IS A 1516‐1998「建具の気密性試験方法」、
JIS A 1517‐1996「建具の水密性試験方法」および
JIS A 1515‐1998「建具の耐風圧性試験方法」に準じて行なった。
すなわち、下図に示す試験装置に試験体を水平に設置して試験を行ない、
戸の開閉確認はすべての試験を終了した後に実施した。






気密性 正圧の各圧力差における通気量は、依頼者指示の要求性能である
JIS A 4706‐2000「サッシ」に規定されるA‐4等級線を上回らなかった。
水密性 依頼者指示の要求性能であるJIS A 4706‐2000「サッシ」に規定される
W‐5等級〔圧力差中央値500Pa(上限値750Pa)〕において枠外への漏水は観察されなかった。
耐風圧性 戸(ドアフレーム)の枠(ベース)に対する最大相対変位置は
HPQ-900GPで-0.3mm(-3.60kPa),HRQ-1300Gで-13.5mm(-3.60kPa)であり、
依頼者指示の要求性能であるJIS A 4706‐2000「サッシ」に規定されるS‐7等級を満足した。
なお、除圧後の観察の結果、枠、戸および金具その他に機能上支障のある残留変形は認められなかった。
試験終了後、戸の開閉確認を行ない戸は円滑に開閉することを確認した。





試験機関名 財団法人 日本建築総合試験所
所在地 大阪府吹田市藤白台5丁目8番1号 電話 06‐6872‐0391

ページのトップへ